オフショア?国内?ITアウトソーシングの選択

国内へのアウトソーシング

開発を国内にアウトソーシングするメリットは、なんといっても「日本語が通じる」ことです。良い仕事をするためには、良いコミュニケーションが欠かせません。この点、母国語を共有するメリットは非常に大きく、仕事の意図がずれるリスクがなくなります。一方で、日本国内のエンジニアは圧倒的な人手不足が問題となっており、また世界市場のマーケットに比べると、技術力という面で、多様なニーズを満たすことができないことがあるのも事実です。

海外へのアウトソーシング

アウトソーシング先を、国内から海外に広げると、エンジニアの選択肢は広がります。昨今のシステム開発は求められる技術が多様化しているので、必要な人材を国内のみで揃えることは難しい状況です。しかし海外には非常に安い値段で高い技術力を売りに出している人材が豊富にいます。一方で、実際に仕事をしてみると、細かいコミュニケーションの行き違いや、労働習慣の違いなどによるトラブルもありますし、セキュリティーや守秘義務など、さまざまなことに注意する必要もあります。

ケースバイケースで使い分けよう

明確な目的があり、依頼したい仕事がわかりやすく切り取ることのできるものであれば、海外へのアウトソーシングは有力な選択肢です。また、技術分野によっては、まだ日本国内に必要なエンジニアが足りないこともあります。そうした場合も、オフショアは有力な選択肢です。しかし、仕事の目的が変わりやすく、相手エンジニアに柔軟な働き方を求める場合は、どうしてもコミュニケーションが重要になってくるので、国内のアウトソーシングを使うべきでしょう。

コンピュータの不正アクセスやハッキングなどのリスクに対処をするために、運用監視業務の技術者を配置することが有効です。