時代が作ってしまった悪い影響をどう対処していくか

人と人との関わりはとても大事

近年パソコンやスマホなどが普及し始めてから、皆はいつどこにいても画面を見て行動するようになってしまい、人はいつのまにか人をまっすぐに見ることを忘れてしまったかのような時代になってしまいました。歩く時も休憩する時も少しの待ち時間も、ひどい人は自転車などを運転している最中でさえもスマホを見ることに夢中になっています。この状態は非常によくない事態です。人と人との関わりが、このせいで少なくなってしまっているのは本当に現状です。

SNSの恐怖をよく知ろう

では皆はそのスマホやパソコンで何をしているのでしょうか。主にはゲームやSNSでしょう。ゲームは自由ですが、このSNSというのが社会現象になるほど問題になっているのです。SNSといってもその手段は一つではないのですが、このコミュニティを通して誹謗中傷をしたことがある人はいないのではないかという位の数になっています。時には全く知らない人から誹謗中傷を受けるということも起きています。自分の名前を名乗らなくていいので気軽にできてしまうのです。

自分を偽るようになってしまう

このように、誰でも気軽に誹謗中傷できてしまうのは危険な状態です。知らない人から傷つくことを言われてしまい、それが誰かも分からないので改善することもできません。それに、知らない人の場合はまだいいかもしれません。SNSの中ではその人に成りすまして誹謗中傷をすることもやり方によってはできてしまいますので、そうなると関係が悪化してしまいますよね。ですが実際にこのようなことは多く起きてしまっています。そうならないように普段から皆いい子のふりをするような仮面の世界になってしまうのです。

逆SEOとは特定のページの検索順位を下げることです。企業の風評被害対策として行われることが多いです。