スマホ・タブレット端末時代のパソコンの選択基準

パソコンは昔ほど騒がれなくなりました

スマホとかタブレット端末とかが全盛の時代、昔ながらのパソコンはそれほど騒がれなくなりました。これは、パソコンの新しいモデルが出ると、処理速度が2倍くらい早くなって使いやすさが4倍くらい増す、というような凄まじい進化の時代をパソコンが通り過ぎてしまったからだと思います。それに、一家に最低1台くらいは存在するくらいに、パソコンの普及が進んだおかげでもあるでしょう。手元でちょっとした調べものをするレベルの使い方には、スマホやタブレット端末は便利ですが、パソコンがしてくれる仕事の全てを、肩代わりしてくれる訳ではありません。

今のパソコンの選択基準は処理速度より使い易さです

パソコンを選ぶとなると、ヘビーなゲーム専用機のようによほど特殊な目的に使うのでなければ、今日は処理速度等、性能のことをうんぬん言う時代ではないと思います。そうなると、後は、使い心地の世界で選択をすることになる訳です。たとえば、キーボードの使い心地はどうか、タッチパッド等のポインティングディバイスは使いやすいか、バッテリーはどれほど長持ちするか、USBポート等の外部接続端子が十分な数あるか、といったことです。

もしも私がパソコンを選ぶなら・・・

例えば私はタッチパッドが苦手です。だからポインティングディバイスがトラックポイントになっている、某メーカーの某ブランドの製品の他はほとんど選択肢はないわけで・・・選択のときにあまり迷ったことはありません。パソコンを買った後で、ちょっとした改造をすることもあるので、(メーカーのサポートがなくなるので、できるだけ避けたいのですが)、それがやりやすい機種、ということも選択のひとつになります。シンプルな英文のキーボードだ好きだったりもするので、それがオーダーできる機種だったら、もっと良いですね。光学ドライブは外付けのものを必要に応じて使うので、あってもなくても良いです。それから予算が許せばハードディスクよりSSDを使った方が・・・ここまでくれば、私のパソコンの好みの特殊さ、うるささがばれてしまいますね。そう、私はまだまだパソコンが大好きなのです。

パソコンは今の時代欠かせないものになっています。仕事先でも必ず利用しているものですので必要不可欠です。