ネットショップの開設には社名や屋号を入れたドメインを

どうしてドメインが必要なの?取得するには?

ネットショップを開設する際に、ドメインを取得すると、サイトやメールのアドレスに好きな文字列を入れられます。独自で決められるため、ネットショップの運営会社や屋号を入れることができます。アドレスを見るだけで、どこのネットショップがすぐに分かりますし、店舗の宣伝にもなります。ただし、早いもの勝ちですので、ありきたりな名前ですと既に他の企業が取得している場合があります。他とかぶらずに独創性があり、サービスや販売している商品を想定しやすい名前を選ぶと、顧客にも覚えてもらえやすくなります。

レンタルドメイン提供サービスの選び方

ドメインはサイト上の専用の住所にあたりますので、サイトの運用をするために専用の領域を貸してくれる業者と契約する必要があります。ショップサイトの更新をするには、インターネット上から貸し出されたサーバにアクセスします。始めたばかりで様子見の頃は、他の利用者と共用のサービスを利用するといいでしょう。料金が安価に抑えられ、更新業務に必要な機能が使えます。ある程度の期間開設しているネットショップで、サイトへの訪問客や利用者が多く、ショップが度々ダウンしたり、購入時等の反応が悪かったり、処理が重くなってしまったりするようならば、自社専用のサーバを利用するといいでしょう。高価になりますが、専用に使えるため、他の利用者に影響が出ずに快適に使えます。

レンタルドメインとプロバイダーそれぞれの違い

プロバイダーはインターネット回線を接続するためのサービスを扱う業者で、プロバイダーの契約だけでもサイトの開設は可能になっています。しかし、独自のドメインを利用することはできず、プロバイダー業者のドメインを利用することになります。ただし、レンタルドメイン業者と契約しただけでは、インターネット回線は利用できません。あくまでも、自由度の高いサイトを作成し、管理や更新がしやすくなる場所を提供するサービスに特化しているので、サイトにショップを構えるためには、両方のサービス業者への契約が必要になります。

社内システムなどを構築する場合、レンタルサーバーを利用することで、サーバーにかかる費用を大幅に削減することが出来ます。